多汗症の原因と治療法

何をしていなくても汗がポトポト落ちる、真冬でもタオルが欠かすことができないという人は多汗症の可能性があります。

多汗症とは、わきの下や掌、足の裏や頭部に異常に汗をかくことを言います。

日常生活で困難だと感じるレベルになった時に多汗症と判断できるでしょう。

多汗症の原因は、はっきりとしていません。しかし、多くの人はストレスが原因ではないかと言われています。


緊張をした時などに、汗をかく人がいますよね。


緊張をすることによって、交感神経が刺激され汗をかいてしまうようです。


必ずしもストレスが原因とは言えませんが、可能性が高いと言われています。また、他の疾病によって汗をかきやすいというケースもある為、判断に困った場合は、一度クリニックを受診するようにしてください。

他の疾病をしっかりと治療することで改善されるケースもあります。

また、ホルモンバランスが乱れることによって多汗症になってしまうケースもあります。


よく更年期を迎えた女性がのぼせのような状態になり、真冬でも汗が止まらないという人もいます。

これは女性ホルモンのバランスが乱れることが原因でしょう。

ホルモンバランスが乱れることにより交感神経にも乱れが生じ、汗をかきやすいのです。

女性の場合は、妊娠・出産・更年期とホルモンバランスが乱れやすい時期がある為、男性よりも影響を受けやすいとも言われています。

また生活習慣の乱れも原因の一つでしょう。

特に食生活の乱れには注意しましょう。


タバコやコーヒーなどをよく摂取する人は、それらに含まれているニコチン・カフェインによって、交感神経を刺激しやすく、過剰に摂取することで発汗しやすくなることもあります。

生活習慣を見直すことも大切です。改善するために必要なことは、病気が隠れていないかを最初に確認することです。
もし他の疾病が隠れている場合は、それを改善することで症状が良くなることがあります。

また、交感神経が刺激されることによって発汗しやすくなるため、副交感神経の働きを促進する必要があります。副交感神経が促進されると、リラックスした状態を作り出すことができ、汗も次第に収まっていくでしょう。

また、クリニックで治療をする場合は、イオントフォレーシスという方法があります。

イオントフォレーシスは、水を入れた容器に直接電流を流し、その中に手や足を入れる方法です。

これは継続的な治療が必要となる為、途中でやめることができないというデメリットもあります。

また塗り薬として患部に直接塗るタイプの薬剤が処方されます。

これは汗を抑えてくれる方法です。
根本的な改善とは違い、対処療法と呼べるでしょう。

根本的な治療としてオススメなのが、漢方薬です。

漢方薬は、即効性はありませんが、体の中から体質を改善してくれる効果に期待ができます。

場合によっては、汗腺であるアポクリン汗腺を切除する手術を勧められることもあるでしょう。

生活習慣を見直し、改善が見られない場合は、一人で悩まずにクリニックで相談するようにしましょう。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12148400937
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160603-00007662-shueishaz-ent
http://okwave.jp/searchkeyword/%E3%83%AF%E3%82%AD%E3%82%AC%E6%89%8B%E8%A1%93%20%E4%BF%9D%E9%99%BA/